VTech InnoTab 2 と Kobo Arc 7 を徹底比較

2023-04-03 08:29:32

VTech InnoTab 2Kobo Arc 7
VTech InnoTab 2Kobo Arc 7
VTech InnoTab 2Kobo Arc 7
VTech InnoTab 2Kobo Arc 7
総合評価:

16.9/100

(総合順位: 780/857)

41/100

(総合順位: 637/857)

画面サイズ
1/100
6/100
横幅
98/100
97/100
インカメラ画素数
43/100
8/100

スペック

VTech InnoTab 2Kobo Arc 7
VTech InnoTab 2Kobo Arc 7
性能
RAM - 1GB
ディスプレイ
画面サイズ5インチ7インチ
ピクセル密度110ppi -
タッチスクリーン対応
製品デザイン
横幅157mm189mm
内部ストレージ容量2GB8GB
厚さ25mm11.5mm
縦幅206mm120mm
バッテリー着脱対応 -
バッテリー表示対応
カメラ
インカメラ画素数1.3MP0.3MP
最大動画フレームレート - 30fps
最大動画解像度 - 1080P
メインカメラ画素数1.3MP -
パノラマ対応インカメラ搭載 -
フロントカメラ搭載
接続
3.5mmジャック対応

類似のタブレットを探す

他のタブレットと比較

類似のタブレットを探す

他のタブレットと比較

比較レビュー

ディスプレイ

画面サイズ

画面サイズを「VTech InnoTab 2」と「Kobo Arc 7」を比べると「VTech InnoTab 2」は5インチであるのに対して「Kobo Arc 7」は7インチです。「VTech InnoTab 2」と「Kobo Arc 7」はほぼ同一です。体感的な差は無いと思います。

画面サイズが大きいタブレットは、情報を閲覧する際や、複数人での閲覧に向いています。特に、ビジネスの業務での利用や、映画の鑑賞には非常に適しており、それぞれのシーンでの利用価値が高いです。また、タブレットが大きくなることで、文字の見やすさや、イラストや写真の鮮明さが向上し、より高品質なコンテンツ鑑賞ができます。

別の観点で比べた方がいいでしょう。

画面サイズ評価
VTech InnoTab 2
5インチ1/100
Kobo Arc 7
7インチ6/100

画面解像度

「Kobo Arc 7」の画面解像度は「VTech InnoTab 2」より非常に高いです。画面解像度が高いタブレットは、文字がクッキリと見やすく、長時間の読書や文章作成においても疲れにくいです。

画面解像度が高いタブレットのメリットは、驚くほどクリアな画像や文字が表示できることです。高精細なカラー表示は、特に映画やゲームの体験を向上させ、より没入感を得ることができます。また、高解像度であればあるほど、画面を拡大した際にも画像のドット感や粗さが少ないため、読み物を見るときなど目にやさしいという点もあります。

「VTech InnoTab 2」と「Kobo Arc 7」の違いは体感上非常に大きいです。画面解像度を重視するなら「Kobo Arc 7」に決めるのがよいかもしれません。

タッチスクリーン対応

「VTech InnoTab 2」も「Kobo Arc 7」もタッチスクリーンに対応しているタブレットです。これらのタブレットは、スムーズな操作性を確保するためにタッチスクリーンに対応しています。タッチ操作に熟慮されたデバイスで、快適な使用感が実現されています。

タッチスクリーン対応のタブレットは、不便な配線の必要性もなく、携帯性が高くなっています。キーボードやマウスを使わずに手元のタッチパネルですべての操作ができるので、場所を選ばず、快適に作業ができます。

製品デザイン

横幅

横幅について比較すると「Kobo Arc 7」は189mmであり「VTech InnoTab 2」は157mmです。「VTech InnoTab 2」の横幅は「Kobo Arc 7」とほとんど差がゼロです。実用的な違いは無いです。

横幅が小さいタブレットは、デスクにちょうどよく収まるというメリットがあります。また、通勤中や外出先でも手軽に利用できるため、多忙なビジネスマンにもおすすめできます。

ほかの観点を見て選択することをおすすめします。

横幅評価
VTech InnoTab 2
157mm98/100
Kobo Arc 7
189mm97/100

内部ストレージ容量

内部ストレージ容量を「VTech InnoTab 2」と「Kobo Arc 7」を比べると「Kobo Arc 7」は8GBで「VTech InnoTab 2」は2GBです。「Kobo Arc 7」の内部ストレージ容量は「VTech InnoTab 2」と違いはほとんどゼロと言えるでしょう。実用上の違いはありません。

内部ストレージ容量が大きいタブレットの魅力は、使い勝手の良さにあります。大容量のストレージがあることで、多くのアプリをインストールしたり、大きなファイルを保存することができます。また、クラウドストレージを使わずに、膨大な量の音楽や動画、画像などを保存できるという利点もあります。内部ストレージ容量が大きいタブレットは、スマートフォンよりも使い勝手が良く、オンラインストレージを利用したくないユーザーにとって非常に魅力的な選択肢といえるでしょう。

他の角度から比べるほうがよいでしょう。

内部ストレージ容量評価
VTech InnoTab 2
2GB0/100
Kobo Arc 7
8GB0/100

厚さ

「Kobo Arc 7」と「VTech InnoTab 2」の厚さを比べると「Kobo Arc 7」は11.5mmであるのに対して「VTech InnoTab 2」は25mmです。「Kobo Arc 7」と「VTech InnoTab 2」は少しの違いしかありません。「Kobo Arc 7」は「VTech InnoTab 2」に比べてどちらかといえば厚さが小さいです。厚さが小さいタブレットの最大のメリットは、持ち運びやすさです。特に、外出先での使用を多くする方にとっては、とても便利なアイテムとなります。

小さな厚さを持つタブレットのメリットは、薄くて軽いため持ち運びが容易であること。これにより、外出先でも気軽に使用することができる。また、スリムなデザインにより、スマートで高級感のある印象を与えることができる。

ほとんどの場合において違いはほとんど無いです。

厚さ評価
VTech InnoTab 2
25mm0/100
Kobo Arc 7
11.5mm5/100

縦幅

縦幅について比較すると「VTech InnoTab 2」は206mmで「Kobo Arc 7」は120mmです。86mmの大きな違いがあります。縦幅について「VTech InnoTab 2」より「Kobo Arc 7」の方が非常に小さいです。縦幅が小さいタブレットは、短時間の使用に最適です。例えば、通勤中や旅行中に、軽量で小型の端末で必要な情報を確認できます。

小さな縦幅のタブレットは、操作性に優れていると言えます。画面が小さいため、スマホ感覚で指でタップしやすく、目に必要な情報を簡単に把握することができます。また、コンパクトサイズながら軽快な動作も特徴で、快適な操作体験が期待できます。

実際の利用を考えると「Kobo Arc 7」と「VTech InnoTab 2」は体感的にかなり大きい差があります。「Kobo Arc 7」に決める上で主な決め手の一つとなります。

縦幅評価
VTech InnoTab 2
206mm0/100
Kobo Arc 7
120mm97/100

バッテリー表示対応

「Kobo Arc 7」も「VTech InnoTab 2」もバッテリー残量表示に対応しているタブレットです。これらのタブレットは、バッテリー残量表示に対応しています。これによって、ユーザーはタブレットの電池の残量を簡単に確認できます。また、充電時の残量の変化もわかるので、より効率的に使うことができます。

バッテリー残量表示に対応しているタブレットには、その使い勝手が向上する大きなメリットがあります。充電が必要なタイミングや、バッテリーが十分に充電されているかどうかを一目で確認することができるため、安心して使用することができます。また、急な外出先での使用や、長時間のミーティングなど、バッテリーの減り具合によって使用できる時間が異なる場合も、タブレットのバッテリー残量表示機能によって対応がしやすくなります。

カメラ

インカメラ画素数

「VTech InnoTab 2」と「Kobo Arc 7」のインカメラ画素数について比較すると「VTech InnoTab 2」は1.3MPであるのに対して「Kobo Arc 7」は0.3MPです。1MPもの非常に大きな違いがあります。「VTech InnoTab 2」の方が「Kobo Arc 7」よりもとてもインカメラ画素数が大きいです。インカメラ画素数が大きいタブレットは、写真加工アプリやスマートフォンアプリとの連携もスムーズであり、多彩な表現力を発揮することが可能です。

インカメラ画素数が大きいタブレットは、スマートフォンと比べて画面が大きいため、自撮り用ミラーやストラップを使わずに、手軽に自撮りができます。さらに、高画質のワイド画面で撮影することができ、大人数での撮影や背景の取り込みなども容易に行えます。自分たちで撮った写真やビデオは、思い出を残すのに最適なアイテムです。

インカメラ画素数を重視するなら「VTech InnoTab 2」に決めた方が良いでしょう。

インカメラ画素数評価
VTech InnoTab 2
1.3MP43/100
Kobo Arc 7
0.3MP8/100

フロントカメラ搭載

「Kobo Arc 7」も「VTech InnoTab 2」もフロントカメラを搭載しているタブレットです。これらのタブレットには、フロントカメラを搭載しているものが多数あります。ビデオ通話や自撮りなど、様々な用途に対応しています。

フロントカメラを搭載しているタブレットは、リモートやテレワークが増えた現在、とても重宝されています。自宅でのビデオ会議やオンライン授業に利用でき、ビジネスや学習にも使えます。また、ビデオ通話やチャットを利用する人にとって、フロントカメラは必需品であり、タブレットでカメラが搭載されていることは、手軽に繋がることができるメリットがあります。

接続

SIMスロット数が多いタブレットは、通信回線の切り替えがスムーズであり、通信トラブルに強いため、ビジネスシーンでも大活躍します。例えば、会議中に通信トラブルが発生しても、別のSIMカードを挿入することですぐに対応することができます。また、通信回線を使い分けることで、通信速度の向上に繋がることもあります。

3.5mmジャック対応

「VTech InnoTab 2」も「Kobo Arc 7」も3.5mmオーディオジャックに対応しているタブレットです。これらのタブレットは、3.5mmオーディオジャックに対応しているため、ヘッドフォンやスピーカーなどの機器を接続し、音楽を楽しむことができます。音質にもこだわりがある方には必要不可欠な機能です。

VTech InnoTab 2
Kobo Arc 7

VTech InnoTab 2

関連記事

VTech InnoTab 2
Kobo Arc 7

Kobo Arc 7

関連記事