VTech InnoTab 2 と AOC Breeze MW0811 を徹底比較

2023-04-03 07:39:00

VTech InnoTab 2AOC Breeze MW0811
VTech InnoTab 2AOC Breeze MW0811
VTech InnoTab 2AOC Breeze MW0811
VTech InnoTab 2AOC Breeze MW0811
総合評価:

16.9/100

(総合順位: 780/857)

20.3/100

(総合順位: - /857)

画面サイズ
1/100
12/100
横幅
98/100
75/100

スペック

VTech InnoTab 2AOC Breeze MW0811
VTech InnoTab 2AOC Breeze MW0811
性能
RAM - 256MB
ディスプレイ
画面サイズ5インチ8インチ
ピクセル密度110ppi125ppi
タッチスクリーン対応
製品デザイン
横幅157mm214.5mm
バッテリー容量 - 4500mAh
内部ストレージ容量2GB4GB
厚さ25mm14.5mm
縦幅206mm146.5mm
バッテリー着脱対応 -
バッテリー表示対応
カメラ
インカメラ画素数1.3MP -
メインカメラ画素数1.3MP -
フロントカメラ搭載 -
接続
3.5mmジャック対応

類似のタブレットを探す

他のタブレットと比較

類似のタブレットを探す

他のタブレットと比較

比較レビュー

ディスプレイ

画面サイズ

画面サイズについて比較すると「AOC Breeze MW0811」は8インチに対して「VTech InnoTab 2」は5インチです。3インチもの大きい違いがあります。「AOC Breeze MW0811」の画面サイズは「VTech InnoTab 2」に比べて非常に大きいです。画面サイズが大きいタブレットの嬉しい点は、マルチタスクがスムーズに行えることです。複数のアプリを同時に開いて、画面を分割することで、作業効率が大幅にUPします。

画面サイズが大きいタブレットには、目に優しいというメリットがあります。作業内容が複雑で細かい場合には、小さい画面だと視界が狭められ不便ですが、大きな画面だと視界が広がり、目の疲れが少なくなります。また、画面が大きいと映画鑑賞やゲームプレイがより一層楽しくなります。大画面の立体音響システムを搭載している商品もあり、臨場感あふれる映画や音楽が楽しめます。

実際の使用感を想定したとき「VTech InnoTab 2」より「AOC Breeze MW0811」の方が遥かに優れていると言えます。「AOC Breeze MW0811」を選ぶ一つの重要な判断材料になると思います。

画面サイズ評価
VTech InnoTab 2
5インチ1/100
AOC Breeze MW0811
8インチ12/100

画面解像度

ほとんど差は無いです。実用的な違いはありません。

画面解像度が高いタブレットを使用することで、より高品質な画像を楽しむことができます。高解像度によって、色の再現性が高まり、本来の色に近づけることができます。また、高解像度によって、テキストや数字の表示が鮮明化され、長時間使用しても目の負担が少なくなります。

他の視点で比べた方がいいでしょう。

ピクセル密度

ピクセル密度について「AOC Breeze MW0811」と「VTech InnoTab 2」を比較すると「VTech InnoTab 2」は110ppiであり「AOC Breeze MW0811」は125ppiです。ほとんど差は無いです。体感的な違いは無いです。

ピクセル密度が高いタブレットは、ビジネスシーンでも有用性が高いです。小さい文字やグラフなどを読む必要がある場合にも、鮮明な画面で確認することができます。また、大量のデータを表示する必要がある場合にも、広い画面と高精細な解像度により、効率的な作業が可能となります。

他の視点から比較することをおすすめします。

ピクセル密度評価
VTech InnoTab 2
110ppi0/100
AOC Breeze MW0811
125ppi0/100

タッチスクリーン対応

「VTech InnoTab 2」も「AOC Breeze MW0811」もタッチスクリーンに対応しているタブレットです。これらのタブレットは、全てタッチスクリーンに対応しているため、スムーズかつ迅速に操作が可能です。また、直感的な操作方法によって、初心者でも簡単に扱うことができます。

タッチスクリーンに対応しているタブレットは、操作のシンプルさが大きなメリットです。見た目はパソコンと似ていますが、マウスやキーボードの入力が必要なく、基本的な操作は指一本で完結させることができます。このため、簡単なメモ書きや気軽なチェック作業など、様々なシーンで利用が可能です。

製品デザイン

横幅

横幅について比較すると「AOC Breeze MW0811」は214.5mmであるのに対して「VTech InnoTab 2」は157mmです。57.5mmものとても大きな違いがあります。「VTech InnoTab 2」の横幅は「AOC Breeze MW0811」よりとても小さいです。横幅が小さいタブレットは、狭いスペースでも使用可能であるため、移動中や小さな机での作業に適しています。

横幅の小さいタブレットは、ポータブルという点で優れています。片手で持てるため、移動中でも楽しめます。さらに、小さくても性能が高いものもあり、スピード感のある動画再生やゲームプレイが可能です。もちろん、バッテリーも長持ちし、外出先での使用にも最適です。

実際の使用感を考えると「AOC Breeze MW0811」と「VTech InnoTab 2」の違いは体感上かなり大きいです。「VTech InnoTab 2」にした方が良いかもしれません。

横幅評価
VTech InnoTab 2
157mm98/100
AOC Breeze MW0811
214.5mm75/100

内部ストレージ容量

内部ストレージ容量を「VTech InnoTab 2」と「AOC Breeze MW0811」を比べると「AOC Breeze MW0811」は4GBで「VTech InnoTab 2」は2GBです。「AOC Breeze MW0811」の内部ストレージ容量は「VTech InnoTab 2」と違いはほとんどゼロと言えるでしょう。実用上の違いはありません。

内部ストレージ容量が多いタブレットには、優れた利便性がある。容量が足りない場合は、購入して間もないタブレットでも、すぐにストレージ不足になり、パフォーマンスにも悪影響が出ることがある。高容量の内部ストレージを備えるタブレットなら、容量に悩むことなく多くのデータを扱えるため、業務での利用にも最適だ。

他の角度から比べるほうがよいでしょう。

内部ストレージ容量評価
VTech InnoTab 2
2GB0/100
AOC Breeze MW0811
4GB0/100

厚さ

「AOC Breeze MW0811」と「VTech InnoTab 2」を厚さについて比べると「AOC Breeze MW0811」は14.5mmに対して「VTech InnoTab 2」は25mmです。「VTech InnoTab 2」も「AOC Breeze MW0811」もほとんど同じくらいの厚さです。感じられるほどの違いは無いでしょう。

厚さが小さいタブレットを持っていると、スマホとは異なり、一見すると手帳やメモ帳のような使い方ができます。手帳やカバンのポケットにスッと入るので、いつでもメモやスケジュール確認ができます。コンパクトなサイズですが、十分な性能を持っているので、ビジネスシーンにもプライベートにも大活躍する一台です。

別の視点から比較した方がいいでしょう。

厚さ評価
VTech InnoTab 2
25mm0/100
AOC Breeze MW0811
14.5mm0/100

縦幅

縦幅について比較すると「VTech InnoTab 2」は206mmで「AOC Breeze MW0811」は146.5mmです。59.5mmの大きな違いがあります。縦幅について「VTech InnoTab 2」より「AOC Breeze MW0811」の方が非常に小さいです。縦幅が小さいタブレットは、コンパクトなデザインで、机やバッグのスペースをとらず、場所を選ばず置ける利点があります。

電車やバスなどの移動中でも、縦幅が小さいタブレットなら座席の前に置いても邪魔になりません。また、スペースが限られているカフェや図書館でも、コンパクトなためスベスベした机でも楽に作業することができます。

実際の利用を考えると「AOC Breeze MW0811」と「VTech InnoTab 2」は体感的にかなり大きい差があります。「AOC Breeze MW0811」に決める上で主な決め手の一つとなります。

縦幅評価
VTech InnoTab 2
206mm0/100
AOC Breeze MW0811
146.5mm68/100

バッテリー表示対応

「AOC Breeze MW0811」も「VTech InnoTab 2」もバッテリー残量表示に対応しているタブレットです。これらのタブレットは、バッテリー残量表示に対応しています。これにより、バッテリーがどれくらい残っているかを常に確認できるため、使用中に予期せぬシャットダウンを防ぐことができます。また、長時間使用している場合でも、バッテリー残量を把握できるため、スケジュールの調整などに役立ちます。

バッテリー残量表示に対応しているタブレットを使用することで、バッテリーが切れてしまって不意にシャットダウンしてしまうといったトラブルを回避できます。さらに、バッテリー残量をきちんと確認することで、充電が必要なタイミングを逃すこともありません。

接続

SIMスロット数が多いタブレットのメリットは、複数のSIMカードを同時に利用できることです。例えば、仕事用とプライベート用に別々のSIMカードを使い分けることができます。また、海外に行った際に現地のSIMカードを使うことで、高額なローミング料金を節約することができます。

3.5mmジャック対応

「VTech InnoTab 2」も「AOC Breeze MW0811」も3.5mmオーディオジャックに対応しているタブレットです。これらのタブレットは、のテクノロジーを使用して、スタイリッシュでコンパクトなデザインとともに、音楽とオーディオ体験を高品質に提供しています。3.5mmオーディオジャックに対応することで、ユーザーは素晴らしいオーディオ体験を楽しむことができます。

VTech InnoTab 2
AOC Breeze MW0811

VTech InnoTab 2

関連記事

VTech InnoTab 2
AOC Breeze MW0811

AOC Breeze MW0811

関連記事