Shine 500 Pro の良い点や悪い点を検証|類似のものと比べどの程度良いのかを評価してみた

作成日時: 2022-08-30 18:13:09、更新日時: 2022-08-30 19:04:32

 Shine 500 Pro を徹底評価

Shine 500 Pro にはどのような面においてメリットデメリットがあるスキャナなのかを評価。どのくらい利便性が高いのでしょうか?類似のものと比較して Shine 500 Pro はどの程度良いのかをまとめてみました

Shine 500 Proは、本体が750gと軽量で、210dpiという高画質な解像度を持ち、CMOSセンサーに対応しており、A4サイズにも対応しています。さらに、OCR機能にも対応しており、紙の書類をスキャンした際に文字認識することができます。この機能のおかげで、手書きのメモや印刷物のスキャンを手軽に行え、スキャンしたデータを簡単にテキスト化することが可能です。また、本体が軽くモバイルにも対応しているため、ビジネスシーンや学生のレポート作成にもおすすめです。お値段も手頃で、コストパフォーマンスも高く満足できる商品です。

おすすめ度:★★★★★

Shine 500 Proは、高画質でOCR機能にも対応した使いやすいスキャナです。軽量で持ち運びにも便利ですし、手軽に書類をスキャンしてテキスト化することができるため、仕事や学校のレポート作成にも活躍してくれることでしょう。コストパフォーマンスも高く、おすすめの商品です。

メリット

  • どちらかと言うと軽い本体重量

デメリット

  • 並外れて低い光学解像度

特徴

  • CMOSセンサーを搭載している
  • A4に対応している
  • OCR機能を搭載している

Shine 500 Pro の特色・特性について詳しく評価してみた

基本情報に関する詳細について

サイズについて

容易に持ち運びできるため、サイズが小さいスキャナは優秀です。特に例えば通常の大きさの鞄に入れて持ち歩けるなど携帯性を生かして使用したいようなときにお勧めだと思います。

サイズについて「Shine 500 Pro」は356.5mm × 158mm × 117mmです。これはどちらかと言うと小さいと言えます。省スペースで置き場所に困ることなく設置できるという点でこの商品はやや良いといえるかもしれません。「Shine 500 Pro」は持ち運んでの利用をしたい時に割とオススメだと思います。

サイズという観点からみたとき実際のところ「Shine 500 Pro」は割と秀でているといえるかもしれません。従ってサイズという点で見るつもりならこのスキャナは候補の一つに挙げられるでしょう。通常利用であれば十分と言えますが、強いこだわりがある人はワンランク上を見てみてもいいのかもしれません。

サイズ評価
Shine 500 Pro356.5mm × 158mm × 117mm63/100

本体重量について

移動時の重量の負担を少なくして使用できる為、軽い本体重量のスキャナは優秀な部類に入ると思います。外出先に持参するような場合にオススメです。

「Shine 500 Pro」の本体重量は750gです。これは割と軽い部類に分けられる重量でしょう。持ち運びが簡単にできるのでこの商品はどちらかといえば秀でているでしょう。「Shine 500 Pro」は外出先に持ち運んで使用するなら比較的オススメだと思います。

実際の所本体重量に関する実際の使用感はやや良い部類に入るでしょう。従って本体重量で見る場合、このスキャナは一つの候補です。通常利用であれば十分と言えますが、こだわりが強い人はもうワンランク上を見てみてもいいのかもしれません。

本体重量評価
Shine 500 Pro750g72/100

便利機能について詳細評価する

OCR機能について

OCR機能を搭載しているスキャナは紙の書類に書かれた大量な文字を効率的にテキストデータに変換できるため、優秀です。とくに文書ファイルをテキストデータに起こすことを実現するような場合にオススメだと思います。

「Shine 500 Pro」はOCR機能を搭載しているスキャナです。読み込んだ文章の画像から、テキストデータを生成できる為、このスキャナは優れていると言えそうです。「Shine 500 Pro」は紙媒体の書類をデジタル文書化するような時に向いていると言えるでしょう。

読み取り性能の詳細評価

光学解像度について

高い光学解像度のスキャナは光学解像度のスペックが高いとその分キレイな画像としてスキャンできる点において優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。例えばより鮮明な画像をスキャニングするとき、おすすめと言えるでしょう。

光学解像度について「Shine 500 Pro」は210dpiです。一般的なスキャナよりこのスキャナの解像度はとても低いと言えるスキャナでしょう。

光学解像度にほとんど関心がない人でも日常で使っていて不満を感じることがありそうです。そのためもう一つ上のスキャナを検討をお勧めします。

光学解像度評価
Shine 500 Pro210dpi8/100

CMOSセンサーについて

消費電力を小さくできるといった点でCMOSセンサーを搭載しているスキャナは優れた部類に入るでしょう。写真を高画質で再現するようなときにお勧めと言えそうです。

「Shine 500 Pro」はCMOSセンサーを搭載しているスキャナです。写真やイラストなどを高精細データの高画質に読取りできる為、このスキャナは優秀と言えそうです。企業などで低価格で大量にスキャンする時に「Shine 500 Pro」は適しています。

A4対応可否について

一般的なサイズの用紙に対応できるという点でA4に対応しているスキャナは優秀と言えそうです。書類などをスキャナする時にお勧めと言えそうです。

「Shine 500 Pro」はA4に対応しているスキャナです。一般的な用紙サイズで取り込みができる為このスキャナは優れた部類に入るといえなくもありません。「Shine 500 Pro」はA4サイズまでの書類の読み取りをしたいようなときに向いているといえるかもしれません。

Shine 500 Pro に関する情報概要

Shine 500 Pro
画像Shine 500 Pro
サイズ356.5mm × 158mm × 117mm
本体重量750g
光学解像度210dpi
CMOSセンサーを搭載しているかどうか
A4に対応しているかどうか
OCR機能を搭載しているかどうか

類似のスキャナを探す

他のスキャナと比較する

価格をチェック

Shine 500 Pro の価格を今すぐチェック

Shine 500 Pro と評価が同程度のスキャナを探す

Shine 500 Pro の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

Shine 500 Pro

48.2-サイズ:356.5mm × 158mm × 117mm, 本体重量:750g, 光学解像度:210dpi

CZUR ET16 Plus

33.8サイズ:390mm × 375mm × 220mm, 本体重量:1.5kg, 光学解像度:250dpi

PFU fi-8190

46.6サイズ:300mm × 170mm × 163mm, 本体重量:4kg, 光学解像度:600dpi, 最大セット枚数:100枚

ブラザー ジャスティオ ADS-4300N

46.9サイズ:299mm × 215mm × 190mm, 本体重量:2.64kg, 光学解像度:600dpi, 最大セット枚数:80枚

ブラザー ジャスティオ ADS-4700W

46.7サイズ:299mm × 215mm × 190mm, 本体重量:2.75kg, 光学解像度:600dpi, 最大セット枚数:80枚

ブラザー ジャスティオ ADS-4900W

44.6サイズ:300mm × 247mm × 236mm, 本体重量:3.37kg, 光学解像度:600dpi, 最大セット枚数:100枚

CANON imageFORMULA RS40

40.5サイズ:291mm × 250mm × 245mm, 本体重量:3kg, 光学解像度:600dpi, 最大セット枚数:60枚

ScanSnap iX100 FI-IX100B-P [ブラック]

64.4サイズ:273mm × 47.5mm × 36mm, 本体重量:400g, 光学解像度:600dpi