ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック] vs PFU fi-7140G (2018): 比較

2023-05-20 17:24:03

ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]PFU fi-7140G (2018)
ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]PFU fi-7140G (2018)
ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]PFU fi-7140G (2018)
ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]PFU fi-7140G (2018)
総合評価:

45.9/100

(総合順位: 320/815)

43.8/100

(総合順位: 385/815)

本体サイズ
65/100
50/100
本体重量
59/100
34/100
光学解像度
33/100
33/100
最大セット枚数
26/100
58/100

スペック

ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]PFU fi-7140G (2018)
ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]PFU fi-7140G (2018)
基本情報
本体サイズ296mm × 114mm × 87mm300mm × 170mm × 163mm
本体重量2kg4.2kg
読み取り性能
光学解像度600dpi600dpi
CISセンサー対応 -
CCDセンサー対応 -
最大セット枚数20枚80枚
A4対応
便利機能
両面読み取り機能
自動給紙機能
重送検知機能 -
OCR機能
接続機能
スマホ連携機能 -
クラウド連携機能 -
無線LAN対応 -
無線LAN規格a,b,g,n,ac -

類似のスキャナを探す

他のスキャナと比較

価格を見る

類似のスキャナを探す

他のスキャナと比較

価格を見る

比較レビュー

読み取り性能

光学解像度

PFU fi-7140G (2018)の光学解像度は600dpiというデータに対しScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]は600dpiというデータです。光学解像度に関しては差はまったくないデータとなっており極めて似ています。

光学解像度が高いスキャナは、画像処理技術の進歩によりますます高品質になっています。それにより、従来のスキャナでは捉えられなかった微細なプリントや画像もキレイに再現することができます。この点から、データの保管や共有にも適しています。

光学解像度について実際に使うことを考えると、PFU fi-7140G (2018)もScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]も全くと言っていいほど差は見られません。光学解像度の情報を考えても、意思決定において役に立たないと思います。

光学解像度評価
ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]
600dpi33/100
PFU fi-7140G (2018)
600dpi33/100

最大セット枚数

ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]の最大セット枚数は20枚というデータに対して、PFU fi-7140G (2018)の最大セット枚数は80枚というデータとなっています。60枚のまあまあの差がPFU fi-7140G (2018)とScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]に存在しPFU fi-7140G (2018)の方が最大セット枚数が比較的多いということがわかります。最大セット枚数が多いスキャナのメリットは、スキャンする書類の枚数が多い場合でも、時間の短縮ができることです。これにより、スキャン作業の負担を軽減して、作業効率向上につながります。

パターン3:最大セット枚数が多いスキャナの利点は、早期に多数の文書をスキャンし、重要な情報を見つけることができる点にあります。例えば、会社などで案件管理や進行管理の際、大量の資料を一度に確認することができるため、重要なポイントや問題を素早く見つけることが可能となります。

この比較から明白なように、PFU fi-7140G (2018)の最大セット枚数よりもScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]は感覚上、割と物足りない水準に感じるでしょう。PFU fi-7140G (2018)とScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]についてそれなりにずば抜けて違っています。PFU fi-7140G (2018)を有力な候補の一つに考えるべきであることが分かります。最大セット枚数を考えることで、最適な判断を下せるでしょう。

最大セット枚数評価
ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]
20枚26/100
PFU fi-7140G (2018)
80枚58/100

A4対応

ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]とPFU fi-7140G (2018)は両方ともA4に対応していると言うことができるでしょう。A4に対応しているこれらのスキャナは、プロの文書管理に必要不可欠な機能です。文書整理に時間をかけずに効率良くスキャンすることができ、ビジネスにおいて大きな助けになります。

A4に対応しているスキャナは、書類をきれいにスキャンできるというメリットがあります。また、スキャンした書類はデジタル化されるため、大切な書類を紛失する心配がありません。さらに、デジタル化された書類はクラウドに保存することもでき、外出時にもスマートフォンで簡単にアクセスできるため、ビジネスマンにとっても非常に便利なアイテムと言えます。

基本情報

本体サイズ

PFU fi-7140G (2018)の本体サイズは300mm × 170mm × 163mmである一方、ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]の本体サイズは296mm × 114mm × 87mmというデータであると言えます。PFU fi-7140G (2018)とScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]の差はそれなりに際立って開いています。この比較情報で明らかなようにScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]の本体サイズと比べるとPFU fi-7140G (2018)の本体サイズは比較的大きいことが分かります。本体サイズが小さいスキャナは、持ち運びがしやすく、オフィスだけでなく外出先でも使用できるというメリットがあります。

スキャナの本体サイズが小さいことは、その取り扱いが非常に簡単になる大きなメリットです。デスクトップのパソコンの横に置いても、邪魔にならずスペースを取らないので、常に使いやすい状態でひっそりと存在してくれます。また、小ささゆえに持ち運びもしやすく、外出先でもスキャンをすることができます。

この比較で明確にわかるように本体サイズについてPFU fi-7140G (2018)のほうが幾分か低い水準にあります。一方で、確定的な程の差は存在しないため気を付ける必要があるといえるでしょう。

本体サイズ評価
ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]
296mm × 114mm × 87mm65/100
PFU fi-7140G (2018)
300mm × 170mm × 163mm50/100

本体重量

本体重量においてPFU fi-7140G (2018)とScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]を比較してみるとScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]は2kgというデータであるのに対し、PFU fi-7140G (2018)は4.2kgになります。本体重量という点においてPFU fi-7140G (2018)の方がScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]より比較的重いことが分かるでしょう。2.2kgくらいのある程度の差が存在します。本体重量が軽いスキャナには、持ち運びが簡単なので、外出先でもスキャンができ、作業効率が上がるメリットがあります。

ビジネスマンには、本体重量が軽いスキャナがおすすめです。軽量化することで、持ち運びが容易になり、移動の際の負担も軽くなります。また、オフィスの片隅に設置するだけで場所をとらず、作業効率をあげることができます。さらに、外出先でも必要な書類を素早くスキャンできるため、スピーディーなビジネスワークにも大変便利です。

実際的な点から言えば本体重量についてPFU fi-7140G (2018)のほうがScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]よりまあまあ良くないと言うことができそうです。一方で絶対的と言えるくらいの違いは無いため気を付ける必要があると言うことができるでしょう。

本体重量評価
ScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]
2kg59/100
PFU fi-7140G (2018)
4.2kg34/100

便利機能

両面読み取り機能

PFU fi-7140G (2018)もScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]も両面読み取り機能に対応していると言うことができるでしょう。両面読み取り機能が搭載されたこれらのスキャナは、大量の書類を効率的にスキャンすることができます。 特に、両面を同時にスキャンできるため、作業時間を大幅に短縮することができます。 これらのスキャナを使用することで、ビジネスプロセスの生産性を向上させることができます。

両面読み取り機能に対応しているスキャナは、ビジネスマンにとって重要なツールの一つです。例えば、プレゼン資料など、裏面にデータがあるものを短時間でスキャンすることができるため、仕事にとって重要な時間を節約できます。また、高機能かつコンパクトな機種もあるため、携帯性にも優れています。

自動給紙機能

どちらも自動給紙機能を搭載していると言うことができます。当社が評価したこれらのスキャナは、自動給紙機能を搭載しており、大量の書類を効率的にスキャンすることができます。

自動給紙機能を搭載しているスキャナは、用紙のサイズや厚さに関係なくスムーズにスキャンできることがメリットです。手動で用紙をセットする場合には、用紙の厚みや大きさによってはジャムが発生することがありますが、自動給紙機能を搭載したスキャナではそのような問題が解消されます。加えて、連続で大量の書類をスキャンする際の作業負荷を軽減できるため、作業効率が向上します。

OCR機能

PFU fi-7140G (2018)もScanSnap iX1300 FI-IX1300BK-P [ブラック]もOCR機能を搭載しているスキャナとなっています。OCR機能を搭載していないスキャナと比べると、これらのスキャナは、より多くの作業を効率的に実行できます。OCR機能により、大量の文書を短時間で処理することができるため、ビジネスシーンにおいてはとても役に立つでしょう。

OCR機能を搭載しているスキャナのもう一つのメリットは、スキャンした文書を検索しやすくなることです。OCR機能を使ってテキストデータに変換することで、スキャンした文書の中に特定の単語やフレーズを含むものを簡単に見つけることができます。これにより、業務やプロジェクトで必要な情報を迅速かつ正確に把握することができます。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。